2012年05月03日

ベイムート伯爵の怨念04

淡い光を浴びて、朝露がきらめく。
そよ風を受けて、一面の花畑がゆらめき、そしてきらきらと光輝く。
荘厳な教会が小さくたたずみ、遠くには真っ白な山脈がそびえる。
目の前をいくつもの蝶が飛び交い、なんてのどかな光景だろう。
この地で過去にもそして今も凄惨な事件が起こっているなんて、とても信じられない。

敵が炎を操る可能性があることから、狭い洞窟であるカタコンベの捜索は中止となった。
そんなところで強力な炎を放出されたら、全滅もありうるということだ。

修道院から見る景色は、まるで美しい絵画そのものである。
その絵画の中に引き寄せられるように、クレッセントが花畑をゆっくりと歩く。
色とりどりの花畑の、正面には白い山々、右手には教会。

<何かを感じる・・・何か、違和感を
 それも急に感じ出した
 正面? それとも、教会?
 どんどん強くなる・・・こ、これは危険信号
 得体の知れぬものが襲い掛かってくる兆し>

パーッっとその感覚が、消えた。

<なに? なんだったの、今のは?>

もう、何も感じない・・・
不思議に思いながらも、その方角に進んでいく。

花畑が一旦あぜ道で途切れた。
少女がいる。
あぜ道に設置してあるベンチにちょこんと座っている。
「おっ、可愛い子だねぇ」
リコが思わず駆け寄る。
<リコ、いたの?>
「か〜わいい!」
アンリも少女のほうに走り出す。
<アンリも?
 リコもアンリも付いてきてたんだ・・・気づかなかった>

感知が、妨害されている?

周辺探知が、できない?

「お譲ちゃん、こんなところで何してるの?」
リコが、猫なで声でしゃべりかけた。
長い睫にサファイヤブルーの瞳、筋の通った鼻に、小さな唇。
なんとも可愛い顔に、縦ロール10本の豪華な髪型。
そして洗練された優美な装い、まるで高級人形のような少女だ。
少女はクレッセントを見つめている。
「近所の子かい?」
リコの問いかけには一切答えず、ベンチから降りクレッセントのほうに歩み寄ってくる。
「あら、怖がらせてはだめよ。リコ」
アンリがちゃちゃを入れる。
「えっ、無視かよ。ちょっとショック・・・」
しゃがみこんで、ベンチに片手を当ててショックのポーズをとるリコ。

「ねぇ、おねぇちゃん・・・」
少女がクレッセントに話しかける。
「なぁに?」
笑顔で答えるクレッセント。
「おねぇちゃんには、強いお友達がいるのね・・・」
「えぇ、いるわよ」
リコやアンリを見ながらクレッセントが答える。
「お願いがあるの・・・」
「なんでも言って」
「私の大切なお友達が・・・」
悲しげに下を向く少女。
「大切なお友達が悪い奴に捕まってしまって、帰って来ないの・・・だから、助けて欲しいの」
思わぬ展開に、目を見合わせる3人。
「貴女のお友達が捕まっている所はどこなの? 知ってる?」
少女が、ゆっくりと指差す。
「悪い奴って、どこにいるの?」
再び少女が、同じところを指差す。

指差す先には、教会があった。

教会の入り口。
大きな扉、押しても開かない。
鍵がかかっているようだ。
リコがすかさず、持っていた針金を鍵穴にをつっこんだ。
そして、いとも簡単に扉を開けた。
「あら、すごいのねリコ」
「ちったぁ見直したか、クレス?」
「頼りになるわぁ」
「惚れちまうだろ?」
「クレスが好きなのは、ゴツゴツした毛むくじゃらじゃないのよ。
 柔らかくって、スベスベのツルツルな子が好みなの」
アンリが割って入る。
「え〜っ!そうなのぉ?」
クレッセントの腕に、自分の腕を絡めるアンリ。
「そうよ。ゴツゴツした子は好みじゃないわ!」
「お前が答えるなよ、アンリ」
「ねぇ、クレッセント♪」
両腕で絡みつき、クレッセントにスリスリするアンリ。
「俺のクレスに、何いちゃついてんだよ!」
「あっ、俺のクレスって言った。リ〜ングホルンに言〜いつけてやろっと」
「え〜っ!彼は冗談通じないっつうか、通じすぎっつうか、そんなこと言ったらまじやべ〜」
「ふふふ・・・」クレッセントが笑う。
「熱いからね、彼♪」とアンリ。
「特Aはみ〜んな、熱っついんだよ!」
からかい顔でリコが言う。
「そういえば、そうね・・・ベジも熱っついわぁ♪」
手のひらを適当に開いて、面倒くさそうに顔に風を送るそぶりをするアンリ。
その顔がおっかしい。
「ふふふふふ」
「ランクBの時は楽しかったなぁ。
 いっつも笑ってたし・・・
 私も、ランクBに戻ろうかしら」
ますますクレッセントに引っ付くアンリ。
「いっつも笑ってないって、ふふふ・・・」
「そうすれば、クレスと一緒にミッション組めるかもしれないしぃ」
「あっ、それいいねぇ! 俺もランクBに戻ろっかな?」
「クレスは女の子としか組まないんだから。リコはリングホルンと組んでなさい♪」
「えぇっ・・・俺もスベスベのツルツルがいいなぁ」
「リコ、なんかいやらしいわ♪」
「ふふふふふ・・・」

「これはみなさん、どうされましたか?」
祭壇の近くまで来たとき、突然オーランド神父が声をかけてきた。

----------

「イジルと村に行ってきたが、特に変わった様子はなかった。
 ただ、失踪事件の話になると、なぜだか全員知らぬ存ぜぬを通す。
 辺境の村特有の集団意識かもしれないが」
「イジルです。報告します。
 リングホルンと、村の様子を見てきました。
 村人たちの第一印象ですが、生気がない。
 営みや、装いが古い。
 そして信仰厚く、神にとても感謝している・・・そんなイメージでした」
「次、ベジネイト」
カタコンベの探索を断念し、3組に分かれて周辺の情報収集をしてきた。
その報告会である。
「はい、ベジネイト。報告します。
 ニーナと共に修道院周辺と南側の林と農地、そして街道筋を探索してきました。
 特に報告すべき点はなく、静かなものでした。
 数人行き交う人がいたので尋ねてみましたが、同じく事件のことは知らないとのことでした」
「うん、ご苦労だった。リコ、そちらはどうだった?」
「はい、リコ。報告します。
 修道院の北側の森と農地の探索でしたが、朝一番に農地にて少女と出会いました。
 少女から、捕らわれた友人を助け出して欲しいと依頼を受けました。
 捕らわれている場所を尋ねると、教会を指差しました」
「教会を?」
いぶかしげにベジネイトが言う。
「はい、少女は捕らえた犯人の居場所を尋ねたときも、教会を指差しました。
 それで、アンリ、クレスと共に教会を調べにいきましたが、オーランド神父に出会い退散いたしました」
「あぁ、聞いている、神父より。
 改装中により、許可なく入らないで欲しいそうだ。
 施錠してあった鍵を開けて侵入したそうだな? リコ」
「は、はい。ピッキングにて入りました」
「神父は特に何もおっしゃってはおられなかったが、かなりご立腹のご様子だったぞ」
「申し訳ありません。 しかし、教会には私も何か違和感を感じました。
 それで、周辺で教会の中の様子をうかがっていました」
「ずっと? 夕方まで?」
「はい、ベジネイト。夕方まで見張っていましたが・・・残念ながら、成果は何もありませんでした」
「北の森は、どうなったの?」
「すいません・・・北の森へは行けませんでした」
「なんてこと! 今日の貴方の任務は3人で北の森と農地の探索だったはず。
 それをどこの誰ともわからない少女の言葉に、一日中教会周辺で過ごしていたですって!」
ベジネイトが手のひらで机を叩く。
「北の森へは、明日必ず行きます」

「リコ、明日は教会周辺と北の森とどちらに行きたい?」
厳しい顔でちょっと考えた後、リングホルンが切り出した。
「・・・それは」
「私にも関係のあることだから、追加報告させてください」
「よし、アンリ報告を聞こう」
「はい、アンリ追加報告ということで、特に気づいた点ばかりに絞り報告いたします。
 1つ。少女と出会ったとき、リコや私のほうが近かったはずなのに、少女はわざわざクレッセントのそばまで行き依頼してます。
 そして、別れ際にクレッセントの手を握ったんです。その瞬間クレッセントは凍りついたように動かなくなりました。
 少女には、接触系精神感応者の可能性があります。
 2つ。クレッセントは、少女に出会う前から教会に違和感を感じています。
 教会に引き寄せられていく途中で少女に出会い、出会ってからその違和感が大きくなったようで、それで3人で教会に侵入しました。
 3つ。教会の中でクレッセントは祭壇にある、異物に気づいたそうです。
 そして、いきなり現れたオーランド神父に退散させられました。
 その後、3人で教会を監視しておりましたが、動きは全くありませんでした。以上です」
「異物とは?」
ベジネイトが尋ねる。
「教会に、在らざるものだそうです」
「う〜ん・・・リコ、明日も引き続き教会とその周辺の情報収集を行え」
「はっ!」
「リングホルン!」
ベジネイトが不満そうに言う。
「いかにも怪しいじゃないか、教会とその周辺。リコもアンリも感知系だ。
 我々がカタコンベ調査を断念したため、向こうから動いてきたのかもしれない。
 そうは思わんか、ベジネイト?」
「・・・」
ベジネイトは無言だ。

「明日、北の森へは・・・」
リングホルンが、ベジネイトの顔色をうかがいながら言う。

「俺とイジルが行く。ベジネイトとニナは修道院と教会周辺を徹底的に調べてくれ」


☆Best Site Ranking☆

☆GL Search☆

☆人気のブログ☆





posted by Jiji at 22:22 | TrackBack(0) | ベルムート伯爵の怨念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
魔女達の刻
 01  02  03  04  05  06  07  08  09  10
 11  12  13  14  15  16  17  18  19  20
ベイムート伯爵の怨念
 01  02  03  04  05  06  07  08  09  10
 11  12  13  14  15  16  17  18  19  20
 21  22  23  24  25  26  27  28  29  30
 31  32  33  34  35
テスペランサ・ドゥ・ココ
 01  02  03  04  05  06  07  08  09  10
 11  12  13  14  15  16  17  18  19  20
 21  22  23  24  25  26  27
外伝
 01  02  03  04  05
 1:ポロネーゼ婦人 2:エヴァンゼリン 3:妖精の森
 4:伝道 5:美しきオブジェ

白い薔薇の淵まで
中山 可穂
ジャン・ジュネの再来とまで呼ばれる新人女性作家・塁と、平凡なOLの「わたし」はある雨の夜、書店で出会い、恋に落ちた。彼女との甘美で破滅的な性愛に溺れていく「わたし」。

深爪
中山 可穂
翻訳家のなつめは、人妻・吹雪と激しい恋に落ちる。吹雪の家で逢瀬を重ね、子供の昼寝の間に快楽をむさぼる日々。女同士の恋、家庭を壊すつもりなどなかったのに、会えば会うほど溺れてゆき、愛するがゆえに傷つけあわずにはいられない。

猫背の王子
中山 可穂
自分とセックスしている夢を見て、目が覚めた―。女から女へと渡り歩く淫蕩なレズビアンにして、芝居に全生命を賭ける演出家・王寺ミチル。彼女が主宰する小劇団は熱狂的なファンに支えられていた。だが、信頼していた仲間の裏切りが・・・



感情教育
中山 可穂
前世から契りあった恋人はあなたですか?今度こそ永遠に契りあうために、あなたはそこで待っていてくれたのですか?那智と理緒。傷つくことにすら無器用な二人が出会ったとき、魂がふるえ、存在の根源をゆさぶる至高の恋が燃えあがる。

サグラダ・ファミリア
聖家族
中山 可穂
将来を嘱望されながら、ある事件をきっかけに落ちぶれてしまったピアニスト響子。酒に溺れながら孤独に生きる彼女のもとに、かつて恋人だった透子が戻ってきた。赤ん坊を抱いて・・・

屋根裏の二處女
吉屋 信子
寄宿舎を舞台に、二人の“処女”の愛と尊厳を描き上げた吉屋信子の原点というべき小説。現代まで「禁断の書」として秘かに語り継がれた物語の全貌を、今、明らかにする。



花物語 上
吉屋 信子
少女の日の美しい友との想い出、両親を亡くした姉弟を襲った悲劇…花のように可憐な少女たちを繊細に綴った数々の感傷的な物語。世代を超えて乙女に支持され、女学生のバイブルと呼ばれた不朽の名作。

花物語 下
吉屋 信子
女学校中の憧れの的である下級生を思慕する少女、美しく志高い生徒と心通わせる女教師、実の妹に自らのすべてを捧げて尽くした姉…可憐に咲く花のような少女たちの儚い百合物語。

あなたがほしい je te veux
安達 千夏
友人の留美に対する同性愛の欲望を意識しながらも、男友達の小田との肉体関係を愉しむヒロイン・カナ。男とはHできるが、愛せない。女は愛せるが、Hは・・・



ナチュラル・ウーマン
松浦 理英子
女性と女性との恋愛物語。私はこの小説を書いたことを誇りに思う―著者。《定本》映画化決定。’80年代に孤立した輝きを放った女流文学賞作家の畸型的傑作。

蝶の眠り
柳田 有里
雨の歩道橋で深見笙子と出会った沙霧は、彼女の溌剌とした容姿や、輝くような個性の閃きに接するうち、彼女にほのかな恋情をおぼえるようになる・・・

秘密の花園
三浦 しをん
最初から、那由多だけは特別だった。一目惚れや運命の相手なんて信じはしないが、この学校の桜の木の下で彼女に初めて会ったとき、私は悟った・・・



雲南の妻
村田 喜代子
この契りは永遠に…。女が女を娶る。中国雲南の奥深い地で過ごした忘れ得ぬふたりの愛の生活。奇妙な同性婚、傑作長篇小説。

雨の塔
宮木 あや子 
四人の少女たちが織りなす愛と孤独の物語。資産家の娘だけが入れる特別な学校に「捨てられた」四人の少女たち。閉じた空間で生まれる愛情、執着、嫉妬。濃密で危うい感情の行く先は・・・

葬儀の日
松浦 理英子 
葬式に雇われて人前で泣く「泣き屋」とその好敵手「笑い屋」の不吉な〈愛〉を描くデビュー作はじめ3篇を収録。特異な感性と才気漲る筆致と構成によって、今日の松浦文学の原型を余すところなく示す幻の第一作品集。



私立カトレア学園
乙女は花に恋をする
沢城 利穂
乙女の園、私立カトレア学園の入学式。迷子になって泣いていた、ひなを助けてくれたのは『氷のプリンス』大城翼先輩。男子禁制の乙女の花園でひそやかに咲く、乙女たちの甘くて切ないスイート・ラブ。

ワイルドブーケ
花の咲かないこの世界で
駒尾 真子
自由恋愛が禁止され、結婚する相手も国家によって管理される世界。国王の嫁となるべく定められた美貌の姫君デェリアナと姫のお世話をするメイドのジョーゼットとの素敵な恋愛物語。

ワイルドブーケ
想いを綴る花の名は
駒尾 真子
「大好きな人とずっと一緒にいたい」、そのためだけにすべてを捨てて、見知らぬ世界へと旅立った二人の少女ジョーゼットとデェリアナ。その後の2人に降りかかる事件とは・・・。王道百合小説の第2弾!



偽りの姫は騎士と踊る
ダブル・エンゲージ
渡海 奈穂
父王を家臣に殺され、国を追われたディアナ姫。彼女を支えたのは、幼い頃から忠誠を尽くした女騎士・エフィだった。彼女への想いを募らせるディアナだが…素直になれない姫と誠実な女騎士との百合ファンタジー。

あまがみエメンタール
瑞智 士記
全寮制の小中高一貫校、青嵐女学院。外界から完全に隔離された少女たちの園で、ロリータファッションに身を包む少女・橘地莉子は今日も、ルームメイトである渡会心音の肌に歯を立てる。何年にもわたって続く二人だけの秘密の「儀式」…

PUPPY LOVE
鈴本紅:著 ひびき玲音:絵
同級生の知花がかわいくて仕方ない乃々子は、自他共に認める知花オタク。普通じゃない女子高生と普通な女子高生の、ラブコメ。



384,403km―
あなたを月にさらったら
向坂 氷緒:著 玄鉄絢:絵
美由紀は幼稚園以来9年間、理世にずっと片思い。別の小中学校に通う理世とは384,403km―月と地球の距離のように遠いと思っていた。でも・・・

どろぼうの名人
中里 十
私の名前は初雪。もうすぐ15歳になる。美しい古書店店主・川合愛は私を欲しがり、姉は彼女に私を差し出した。川合愛との不思議な生活。飽きられないように、愛し続けられるように。

どろぼうの名人サイドストーリー いたいけな主人
中里 十
私がお仕えする国王陛下は21歳の陸子様。私は陸子さまを愛し、陸子様も、きっと私を愛してくださっている。しかしある日、陸子さまのお側仕えに15歳の美少女緋沙子が登用された…。



君が僕を1
中里 十
昔はどこの商店街にもいたらしい商売繁盛の神様""恵まれさん""が、私の街のショッピングセンターに、復活。今度の"恵まれさん"はなんと中学三年生。気になる…気になる……好きになる?

. (period)
瑠璃 歩月
マフィアへの復讐に燃える女性警官・ビアンカは、警察への復讐に全てをかけるマフィアの手先・ニコラと運命的な出会いを果たす。相容れない者同士が闘いの中で互いを認め、惹かれ合っていく…。

みすてぃっく・あい
一柳 凪
冬休みの女子寮には、4人の美術部員しかいなかった。私たちはひたすらに戯れる―ピクニックをしたり、チェスをしたり、いっしょにお風呂に入ったり。でも2人に告白され、私は選ばなければいけない・・・



ストロベリー・パニック1〜3
公野 櫻子
乙女の聖域に秘められた恋…。シスター・プリンセスの公野櫻子氏が、正統派百合ノベルを華麗に書き下ろし。名門お嬢様学校である聖ミアトル女学園に編入した少女は・・・

クシエルの矢1〜3
ジャクリーン・ケアリー
天使の血をひく人々の国、テールダンジュ。ここでは、愛の営みは神への捧げ物である。少女フェードルは“クシエルの矢”と呼ばれる印をもって生まれ、人には言えない性癖があり、それゆえに数奇な運命をたどる…

蒼穹のカルマ1〜7
橘 公司
空で生き、人を襲う空獣(エア)が住む世界。空獣を狩る機関「蒼穹園騎士団」でカリスマ的人気を集める女騎士・鷹崎駆真。だが世界の平和を守るはずの騎士である彼女には、世界の平和より優先すべきことがあった…
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。